<< 一覧に戻る

3Dで見る生殖臓器

3D電子顕微鏡でみる精子形成

若山友彦

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.27 No.4, 4-7, 2020

人体構造は,3次元の広がりをもっている。肉眼では3次元で構造が語られてきたが,組織・細胞では,顕微鏡の技術的問題もあり2次元の情報から3次元構造を推定してきた。さまざまな機器の進歩と開発により,組織・細胞の3次元観察が可能になってきた。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る