<< 一覧に戻る

特集 子宮内膜症・子宮腺筋症の新たな展開

子宮内膜症と各種疾患

(3)子宮内膜症・子宮腺筋症と周産期異常

小谷 友美牛田 貴文

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.27 No.1, 47-51, 2020

近年,子宮内膜症・子宮腺筋症罹患女性において,妊娠中期以降の周産期合併症(流・早産,前置胎盤,胎児発育不全,妊娠高血圧腎症など)の発症リスクが増加することが明らかとなってきた。また,腹腔内出血などの稀ではあるが重篤な合併症についても知られるようになっている。今後は,重症度,病型,治療歴などにより疾患を細分化して予後を示す必要があり,周産期合併症を惹起する機序を解明していくことが期待される。
「KEY WORDS」流産,早産,前置胎盤,胎児発育不全,胎盤形成

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る