<< 一覧に戻る

目で見る出生前胎児診断

母体血胎児DNA診断(NIPT)

関沢明彦

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.23 No.2, 4-8, 2016

「はじめに」1997年,母体血漿中に胎児由来のcell-free DNA(cfDNA)が循環していることが報告された1)。以降,ポリメラーゼ連鎖反応(polymerase chain reaction;PCR)法により母体がもたない遺伝子を母体血漿中cfDNAに増幅し,胎児遺伝子を同定することによる胎児診断が行われていた2)-4)。そして,この方法を工夫することで胎児染色体数的異常を検出する研究が試みられたものの,解決できない状況が続いた。そこに2008年,次世代シークエンサー(next generation sequencer;NGS)を用いた胎児染色体検査が報告されたことで5),その可能性が確認できるやいなや,この分野の研究は一気に加速し,2010年10月に米国で無侵襲的出生前遺伝学的検査(non-invasive prenatal genetic testing;NIPT)として臨床応用されるに至った6)7)。そして現在,わが国においても2013年4月から臨床研究として検査が行われている。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る