<< 一覧に戻る

特集 アディポサイトカイン

アディポサイトカインと女性医学 アディポサイトカインと胎児発育・DOHaD

伊東宏晃

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.21 No.3, 59-66, 2014

「Summary」古典的な生理学では,白色脂肪組織(以下,脂肪組織)は単なる余剰エネルギーの備蓄臓器として考えられていた。しかし,近年脂肪組織は多種多様なアディポサイトカインを分泌する内分泌臓器であることが注目されている。脂肪から分泌される種々のアディポサイトカインは,さまざまな臓器間クロストークに影響を及ぼし,糖代謝や脂質代謝の恒常性維持に寄与するが,その機序の破綻はメタボリックシンドロームの発症において中心的な役割を果たす可能性が明らかとなりつつある。詳細は本特集の他稿を参照されたい。本稿では,内分泌臓器としての脂肪組織という視点から胎生期の低栄養環境と成長後の児のメタボリックシンドロームの発症リスク形成について概説する。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る