<< 一覧に戻る

特集 アディポサイトカイン

特集にあたって

倉智博久

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.21 No.3, 10, 2014

アディポサイトカインと総称される脂肪組織が産生・分泌する多くの生理活性物質が発見され,その生理的あるいは疾病における意義がつぎつぎと明らかにされている。アディポサイトカインは,また,肥満を単にさまざまな疾病のリスク因子と考えるのではなく,肥満症という疾病概念として捉えることにも大きな役割を果たした。アディポサイトカインのなかでは,plasminogen activator inhibitor(PAI)-1, tumor necrosis factor(TNF)α,レプチン,アディポネクチンなどが重要であるが,本特集の著者でもある下村・松澤らによって発見されたアディポネクチンは特に注目すべき因子である。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る