<< 検索結果に戻る

生活習慣病と骨粗鬆症の連関

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.20 No.3, 57-62, 2013

「Summary」骨粗鬆症は骨密度および骨質(微細構造および骨の材質の良し悪し)の低下により骨強度が低下した全身性の疾患であると, 2001年米国国立衛生研究所(NIH)コンセンサス会議で定義された. 糖尿病や動脈硬化といった生活習慣病罹患例では骨密度が保たれていても骨折リスクが高いことが基礎研究や疫学データから明らかにされている. すなわち, いわゆるエストロゲンの欠乏や加齢により生じる骨吸収の亢進に伴う骨密度・骨微細構造の劣化とは独立した病態が, 骨折リスクを高める要因である. 生活習慣病の病態関連因子である酸化ストレス・糖化・カルボニルストレスの上昇が骨質の低下を惹起し, 骨折リスクを上昇させる. 「はじめに」骨粗鬆症は骨量および骨質の低下により骨強度が低下した状態であると, 2001年米国国立衛生研究所(NIH)コンセンサス会議で定義された1).

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録