<< 一覧に戻る

特集 血栓症に対する臨床検査

Ⅱ.血栓症を血液検査で診断する 4.遺伝子

猪狩敦子

血栓と循環 Vol.21 No.1, 33-37, 2013

「論文のポイント」[1]近年, 血栓症における疾患関連遺伝子の解析, 薬効の評価など遺伝的多様性が複雑に関係している遺伝子多型を解析することが盛んに行われている. [2]遺伝子多型の種類としてはRFLP, VNTR, STRP, SNPの4つに分類されるが, 疾患との関連が有用とされているのはSNPである. [3]SNPの検査法は簡便で高速かつ大量に解析できるTaqManPCR法, 質量分析法, マイクロアレイなど多数開発されており, 特にマイクロアレイはGWASに頻繁に利用されている. [4]血栓症に関

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る