<< 一覧に戻る

データブック アテローム血栓症の大規模臨床試験 PART3

6.包括的管理・治療 REACH 5.アテローム血栓症を有する外来患者における1年追跡による循環器イベント発生率の検討(REACH Registry)

久松隆史三浦克之堀江稔

血栓と循環 Vol.19 No.3, 219-221, 2011

出 典
Steg PG, et al. for the Reduction of Atherothrombosis for Continued Health Registry(REACH Registry)investigators:
One-year Cardiovascular Event Rates in Outpatients With Athrothrombosis.
JAMA 297:1197-1206, 2007

※図表に関しましては、割愛させていただいております。

要 約

背景

 アテローム血栓症(冠動脈疾患(CAD),脳血管疾患(CVD),および末梢動脈疾患(PAD))は,2020年までに全世界における主要な死因となることが予測されている.これまでのアテローム血栓症についての研究は主に欧米諸国からの報告で,アテローム血栓症のうちの1種類に限定され,また対象者も入院患者や臨床試験におけるもので,外来患者の報告が少なかった.
 本研究REACH Registryは,世界各地域のアテローム血栓症患者の特性,医療状況を比較し,各アテローム血栓症患者と1年後の循環器イベント発生率との関連,アテローム血栓症重複のリスクを検討することを目的とした.

対象と方法

 2003年12月~2004年12月までに,北南米,東西ヨーロッパ,中東,アジア,日本,およびオーストラリアの44ヵ国,5,587施設から集められた,45歳以上で,安定したアテローム血栓症(CAD,CVD,PAD)を有する症候性外来患者,またはリスク因子のみを3つ以上有する無症候の外来患者を対象とした.リスク因子は,治療中の糖尿病,糖尿病性腎症,足関節上腕血圧比(ABI)0.9未満,70%以上の無症候性頸動脈狭窄,頸動脈内膜中膜肥厚が隣接部の2倍以上,治療中にもかかわらず収縮期血圧150mmHg以上が3カ月持続,治療中の高コレステロール血症,1日15本の喫煙,男性65歳以上,または女性70歳以上と定義された.なお,入院患者,進行中の循環器イベントを有する患者は除外された.
 対象者において登録後12ヵ月(±3ヵ月)の追跡調査を行った.エンドポイントは,循環器疾患死亡,心筋梗塞・脳卒中発症,アテローム血栓症に関連する入院とした.

結果

 44カ国5,587施設から参加した68,375人のうち,追跡可能であった64,997人(95.2%)(平均年齢68.6±10.1歳,男性63.8%)を分析対象とした(日本人5,021人).
 基礎特性は各地域とも多くの項目で類似した傾向を示し,全体では,治療中の高血圧患者81.71%,治療中の高コレステロール血症患者72.05%,治療中の糖尿病患者または糖尿病の既往がある患者が43.88%と,いずれも頻度は高かった.薬物治療については投与頻度に地域差が認められた.世界的に,スタチン(全体の69.30%に投与),抗血小板薬(同78.65%),その他のリスク低減効果が証明されている治療薬が十分に使用されていなかった.
 12ヵ月後の追跡において,2.58%が死亡していた.循環器疾患死亡または心筋梗塞・脳卒中発症のイベント発生率は,全体で4.24%(95%信頼区間 3.97%-4.51%)であった.調査開始時のアテローム血栓症別に解析すると,症候性アテローム血栓症(CAD,CVD,または PAD)群4.69%,CAD群4.52%,CVD群6.47%,PAD群5.35%,およびリスク因子のみの無症候群では2.15%であった.また,循環器疾患死亡,心筋梗塞・脳卒中発症に,アテローム血栓症に関連する入院を加えたイベント発生率は,全体で12.81%(95%信頼区間12.38%-13.23%)であった.最大は症候性アテローム血栓症群の14.41%から,最小はリスク因子のみの無症候群の5.31%であった.また上記イベント発生率は,アテローム血栓症の部位1ヵ所の群で12.58%,2ヵ所の群で21.14%,3ヵ所の群で26.27%と,部位数の増加に伴い上昇した(傾向性p<0.001).地域別にイベント発症率をみると,循環器疾患死亡について,最小は日本の0.74%,最大は東ヨーロッパの2.90%であった.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る