<< 一覧に戻る

血栓症に関するQ&A PART6

8.薬剤 Q58 P2Y₁₂を標的とした新規抗血小板薬について教えてください

後藤信哉

血栓と循環 Vol.19 No.1, 192-193, 2011

Answer
 アスピリン以外の抗血小板薬としてチクロピジンおよびその後継薬としてのクロピドグレルが広く臨床使用されてきました.臨床使用は主に臨床医の経験(および経験を数値データベース化した臨床エビデンス)に基づいて拡大しました1).後日,気が付くのですが,世界中にてチクロピジン,クロピドグレルが広く使用されるようになっても誰もクロピドグレルの血小板における作用点を知りませんでした.2001年にP2Y12というADP受容体がクローニングされ,チクロピジン,クロピドグレルの活性体の標的であることがわかりました2).

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る