<< 一覧に戻る

血栓症に関するQ&A PART6

6.末梢血管・深部静脈血栓症・肺塞栓症 Q50 静脈血栓塞栓症の診断におけるDダイマーと可溶性フィブリンの意義の違いはどのようなことでしょうか

和田英夫野間桂

血栓と循環 Vol.19 No.1, 168-170, 2011

Answer
フィブリン関連マーカーと血栓形成

 深部静脈血栓症/肺塞栓症(DVT/PE) 1)の診断には,Dダイマー,フィブリンならびにフィブリノゲン分解産物(FDP)や可溶性フィブリン(SF)などのフィブリン関連マーカーが用いられてきた.フィブリノゲンにトロンビンが作用すると,E分画が活性化されD分画と結合しやすいフィブリンモノマー(FM)となる.このFM1分子に対し2分子のフィブリノゲンが瞬時に結合してSFとなる.SFにさらにトロンビンが作用すると,フィブリンの重合化(フィブリンポリマー)が起こり,血栓形成へと至る.少量のトロンビンは直ちにアンチトロンビンやフィブリノゲンにより不活化されるので,血栓形成にはトロンビンとSFの共存が重要であり,SFが増加した病態は血栓準備状態と考えられる.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る