<< 一覧に戻る

血栓症に関するQ&A PART6

5.血液凝固・線溶系 Q44 新規DIC治療薬としてリコンビナント・トロンボモジュリン製剤が使われるようになりましたが,どのような病態のDICに使うべきなのでしょうか

丸藤哲

血栓と循環 Vol.19 No.1, 148-152, 2011

Answer
トロンボモジュリン(Thrombomodulin:TM)とは

 TMは血管内皮細胞上に発現する1本鎖糖蛋白であり,N末端レクチン様ドメイン,6個の連続するepidermal growth factor(EGF)様ドメイン,セリン/スレオニンに富む(O型糖鎖結合)ドメイン,膜貫通ドメイン,細胞質ドメイン(C末端)からなり,O型糖鎖結合ドメインにはコンドロイチン硫酸様糖鎖が連続している1)2) (図1).TMはトロンビンとトロンビン/TM複合体を形成して,抗凝固,向・抗線溶,抗炎症作用を発現する.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る