<< 一覧に戻る

血栓症に関するQ&A PART6

3.脳 Q28 日本人の低リスク心房細動患者の脳塞栓症予防に抗血小板薬が有効というエビデンスがありますか

芝﨑謙作木村和美

血栓と循環 Vol.19 No.1, 99-101, 2011

Answer
はじめに

 心房細動は,最も代表的な不整脈であり,加齢とともに有病率は増加し,脳梗塞の発症リスクが高い1).急性期脳梗塞に関する全国調査(Japan Multicenter Stroke Investigator’s Collaboration:J-MUSIC)では,発症後7日以内に入院した脳梗塞患者の21.1%に心房細動を合併していた2).また,心房細動患者は,非心房細動患者と比べて入院時の重症度が高く,発症28日以内の死亡率が高い.それゆえ,抗血栓薬による脳梗塞の発症予防が必須である.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る