<< 一覧に戻る

血栓症に関するQ&A PART6

特集によせて

重松宏

血栓と循環 Vol.19 No.1, 11, 2011

 本誌が発行されて20年近くを経たが,Q&Aシリーズも今回で第6回目を迎える.1990年に12.1%であった65歳以上の高齢者人口比率は,2010年には25%に及び,1997年に690万人であった糖尿病患者数は,僅か10年後の2007年には890万人に達し,境界型のものを入れると2,200万人を超えるとされている.高齢者人口の急増と糖尿病や脂質異常症,高血圧などの生活習慣病の増加などを背景に,血管疾患の増加が顕著となってきている.さらに末梢閉塞性動脈疾患や虚血性心疾患,脳血管障害などの患者群は,相互に他臓器病変を有することの少なくないことが明らかとなり,個別に独立した疾患と考えるのではなく,アテローム血栓症として包括的にとらえ,診断や治療にあたるべきであるという考え方が定着しつつある.血栓症を背景とした心血管イベントによる死亡は,世界の死亡原因の22%を占めて最も多く,わが国においても30%に及び,悪性腫瘍と同等の頻度となっている.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る