<< 一覧に戻る

Medical Pictures

FDG-PET/CTならびに経気管支肺生検が診断に有用であった血管内大細胞型Bリンパ腫の一例

川村飛翔原悠金子猛

THE LUNG perspectives Vol.26 No.4, 2, 2018

症例は,67歳男性.数ヵ月間持続する発熱と呼吸困難を主訴に来院.胸部X線とCTでは肺病変は認めなかったが,脾腫と血清sIL-2R(7,597U/mL)著増があり,悪性リンパ腫が疑われた.さらに施行したFDG-PET/CTにて,両側下葉背側胸膜下に広がる淡いFDG集積像を認めたため,経気管支肺生検(TBLB)を施行したところ,血管内大細胞型Bリンパ腫の病理診断を得た.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る