<< 一覧に戻る

Medical Pictures

白血病患者に発症した成人RSウイルス肺炎の一例

鍋谷大二郎金城武士藤田次郎

THE LUNG perspectives Vol.26 No.3, 1, 2018

RSウイルスは乳幼児期の重症下気道感染でよく知られているが,成人でも免疫不全状態では重症化し下気道感染を生じることがあり,造血幹細胞移植領域においては他の呼吸器ウイルスよりも重要視されている1).CT所見は他の呼吸器ウイルスと比べ気管支壁肥厚を伴う気道散布影を呈しやすいとされている2).写真は23歳女性,急性骨髄性白血病で白血球は0/μL.発熱と咳嗽・鼻汁があり鼻咽頭スワブ検体のPCRで診断された.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る