<< 一覧に戻る

医療と哲学

第50回 医学の哲学(2)医学は人間をどのように考えるのか―医学の人間観―

杉岡良彦

THE LUNG perspectives Vol.24 No.2, 94-98, 2016

「はじめに」臨床医学は人間を対象とします。しかし,果たして医師であるわれわれは,その人間をどのように理解しているのでしょうか。今回は,医学が前提としている人間に対する見方(人間観)を考えてみたいと思います注1)。
注1)今回の内容に関しては拙著1)に詳細が記されています。

「医学部の洗礼?―解剖学実習と生物医学―」医学部に入学して,まず最初に体験する大きなイベントは解剖学実習であるといえるでしょう。解剖学実習を通じてわれわれは,徹底して人体の構造を理解します。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る