<< 一覧に戻る

第一線で働く医師たちからのオピニオン

睡眠時無呼吸症候群診療の充実を目指して

岡部慎一

THE LUNG perspectives Vol.23 No.3, 95-98, 2015

「宮城県でSAS専門クリニックを先駆けて開設」睡眠時無呼吸症候群(sleep apnea syndrome;SAS)は21世紀の国民病ともいわれ,成人の2~4%に認められるごくありふれた疾患です。しかし実際にSASと診断され,現在通院して経鼻的持続陽圧呼吸療法(continuous positive airway pressure;CPAP)などの治療を受けている患者さんは全体のごく一部にすぎません。SASの診断・治療法自体は既に確立されており,潜在するSAS患者さんをスムーズに診断・治療の流れに乗せるための体制の構築がSAS診療の急務と考えられています。私は昭和35年,福島県郡山市に生まれました。昭和60年に東北大学を卒業後,初期研修先の秋田県厚生連平鹿総合病院で循環器・呼吸器を中心に学び,東北大学第一内科に入局しました。そこで当時まだ新しい疾患概念であったSASを研究する呼吸中枢グループに誘われ,呼吸中枢を専門に臨床・研究に取り組むようになりました。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る