<< 一覧に戻る

特集 呼吸器疾患とオートファジー

基礎医学とのダイアローグ アポトーシス,ネクローシスとオートファジー細胞死

Apoptosis, necrosis and autophagic cell death

清水重臣

THE LUNG perspectives Vol.23 No.2, 56-59, 2015

「Summary」自己構成成分を分解するシステムであるオートファジーは,多くの場合は生に貢献するために機能している。しかしながら,細胞に強い刺激が加わると過剰なオートファジーとともにJNKが活性化され,オートファジー細胞死が実行される。このオートファジー細胞死は,ネクロプトーシスとともにアポトーシスの代替機構として傷害細胞や不必要な細胞の処理を担っている。
「はじめに」われわれの体が正常に発生し恒常性を保っていくためには,適切な場所で,適切な時期に細胞死が実行されることが必要不可欠である。以前は,細胞死は生存プロセスの崩壊によってもたらされる受動的な生命現象であると認識されていたが,アポトーシスの発見とその遺伝学的,分子生物学的解析を通して,生体における細胞死の重要性が広く認知されるようになった。
「Key words」アポトーシス,ネクロプトーシス,オートファジー細胞死,JNK

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る