<< 一覧に戻る

CPC日常臨床から学ぶ

全身性エリテマトーデスの経過中にびまん性肺胞出血を発症した1例

A case of diffuse alveolar hemorrhage in the course of systemic lupus erythematosus

吉田遼平佐々木高明牧野雄一山本雅大山本泰司西川祐司三代川斉之大崎能伸

THE LUNG perspectives Vol.22 No.2, 2-6, 2014

[はじめに] びまん性肺胞出血は全身性エリテマトーデス(systemic lupus erythematosus; SLE)の難治性肺合併症である1). 今回われわれは, びまん性肺胞出血により全経過4日で死亡したSLE症例を経験した. 第3病日に抗好中球細胞質抗体(anti-neutrophil cytoplasmic antibody; ANCA)陽性が判明し, 剖検病理組織にて顕微鏡的多発血管炎が確認された. SLEにANCA関連血管炎を併発し, 肺胞出血をきたした稀な症例と考えられたので報告する. [1, 症例] 症例: 68歳, 男性 主訴: 発熱, 血痰 既往歴・家族歴: 特記事項なし 嗜好歴: 喫煙40本/日, 40年間 職業歴: 土木業(粉塵吸入歴なし) 現病歴: 入院7年前に多発関節痛, 発熱を自覚し当院内分泌・膠原病内科を受診した. 精査にて円板状紅斑, 抗核抗体陽性, 抗二本鎖DNA抗体陽性, リンパ球減少を認めた.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る