<< 一覧に戻る

特集 非結核性抗酸菌症の進歩

非結核性抗酸菌症の画像と病理

Radiological and pathological findings of non-tuberculous mycobacterial infection

藤田次郎日比谷健司比嘉太健山正男

THE LUNG perspectives Vol.22 No.1, 34-39, 2014

「Summary」近年, 呼吸器疾患の臨床現場において非結核性抗酸菌症[特にMycobacterium avium complex (MAC)症]の重要性が高まりつつある. 肺MAC症の主要な病型として, (1)fibrocavitary diseaseおよび(2)nodular/bronchiectatic diseaseの2つの型がある. (1)の病型においては空洞形成が, (2)の病型においては小結節と気管支拡張が特徴的である. 病理学的には, (1)fibrocavitary diseaseにおいては滲出性肉芽腫病変を呈し, 病変部にMAC菌体量が多かった(感染型). 一方, (2)nodular/bronchiectatic diseaseにおいては増殖性肉芽腫病変を呈し, MAC菌体量は少なかった(宿主応答型). これらの画像所見および病理所見の差を理解することで, 肺MAC症の治療指針を決定することが可能になると考えられた.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る