<< 一覧に戻る

CPC日常臨床から学ぶ

視診,聴診から診断するオスラー病

Rendu Osler Weber syndrome diagnosed by inspection and auscultation

塩谷隆信佐竹將宏浅野真理子奥田佑道三浦肇小熊康教佐藤一洋佐野正明渡邊博之橋本学伊藤宏

THE LUNG perspectives Vol.22 No.1, 2-7, 2014

「はじめに」オスラー病[遺伝性出血性末梢血管拡張症(hereditary hemorrhagic telangiectasia; HHT]は, 反復する鼻出血, 皮膚粘膜の末梢血管拡張, 内臓病変(動静脈奇形), 常染色体優性遺伝を4徴候とする全身性血管疾患である1)2). オスラー病は, 末梢血管拡張あるいはその部位からの出血が種々の臓器に出現する多臓器疾患であるために臨床症状がきわめて多岐にわたり, 患者は内科のみならず, 耳鼻咽喉科, 小児科, 皮膚科, 脳外科, 歯科などきわめて多くの科を初診し, 呼吸器内科では肺動静脈瘻(pulmonary arteriovenous fistula; PAVF)の診療時に本症に遭遇する1)2). 今回, PAVFに起因する脳膿瘍を発症し, 身体の視診と胸部の聴診がオスラー病の補助診断として非常に有用であった症例を提示する. 「1. 症例」症例: 55歳, 男性

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る