<< 一覧に戻る

特集 慢性呼吸器疾患:ベッドサイドの運動負荷試験―実践と理論

6分間歩行試験とシャトルウォーキングテストの違い

角野直北川知佳千住秀明

THE LUNG perspectives Vol.21 No.2, 48-51, 2013

「Summary」慢性呼吸器疾患患者の運動耐容能を評価する運動負荷試験は, フィールドテストが臨床や研究で広く用いられている. 6分間歩行試験(6MWT)は標準化されたself-paced testであり, 対象者の適応が高いものの評価特有の問題点がいくつかある. それに対し, シャトルウォーキングテストは, 10mのコースを信号音に合わせて歩行するexternally-paced testであり, 標準化および負荷量を定量化した方法で最大運動能力を評価する. 漸増負荷法のIncremental Shuttle Walking Test(ISWT)と一定負荷法のEndurance Shuttle Walking Test(ESWT)があり, 6MWTよりISWT・ESWTは評価の信頼性は高い. 特にESWTの反応性は高く, 対象者の変化を他の運動耐容能の評価より鋭敏に反映する. われわれはESWTのプロトコールを簡略化したNagasaki University Endurance Shuttle Walking Test(NESWT)を作成し, 再現性や反応性の高さを得ている. 各運動耐容能の評価方法にはそれぞれ特性があり, 利点・欠点を理解して臨床応用していく必要がある.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る