<< 一覧に戻る

特集 間質性肺疾患Up-To-Date

特発性非特異性間質性肺炎と特発性器質化肺炎―類似点と相違点―

Idiopathic nonspecific interstitial pneumonia and cryptogenic organizing pneumonia

井上義一

THE LUNG perspectives Vol.20 No.3, 29-34, 2012

「Summary」特発性非特異性間質性肺炎(NSIP)と特発性器質化肺炎(COP)は, ともに間質の炎症を軽度から中等度認める. 器質化肺炎(OP)像は両者認めうるがNSIPでは20%未満である. 高分解能CT(HRCT)では, NSIPはCOPに比べ異常影はよりびまん性であり, COPはより局所性で陰影の移動を認めることがある. NSIP, COPともに気管支肺胞洗浄液(BALF)ではリンパ球の増多を認め, ステロイドの反応性および予後は比較的良好である.
「はじめに」特発性間質性肺炎(idiopathic interstitial pneumonias;IIPs)は, 原因不明の間質性肺炎の総称である. IIPsは, 特発性肺線維症(idiopathic pulmonary fibrosis;IPF/cryptogenic fibrosing alveolitis;CFA), (特発性)非特異性間質性肺炎[(idiopathic)nonspecific interstitial pneumonia;NSIP], 特発性器質化肺炎(cryptogenic organizing pneumonia;COP), 剥離性間質性肺炎(desquamative interstitial pneumonia;DIP), 呼吸細気管支炎を伴う間質性肺疾患[respiratory bronchiolitis(-associated)interstitial lung disease;RBILD], リンパ球性間質性肺炎(lymphocytic interstitial pneumonia;LIP), 急性間質性肺炎(acute interstitial pneumonia;AIP)の7疾患に分類されている1)2).
「Key words」特発性非特異性肺炎, 特発性器質化肺炎, 特発性間質性肺炎, 浸潤影

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る