<< 一覧に戻る

呼吸不全の臨床―病態と治療―

肺血栓塞栓症にみられる呼吸不全

Respiratory failure in pulmonary thromboembolism

藤島清太郎

THE LUNG perspectives Vol.19 No.1, 38-45, 2011

Summary
 肺血栓塞栓症(PTE)は,主に急性呼吸不全を呈する重篤な疾患であり,病態としてはガス交換障害と肺循環障害を認める。急性PTEにおける低酸素血症の原因は換気血流比(VA/Q)不均等分布が主であるが,混合静脈血酸素飽和度(SVO2)低下もある程度関与しており,また一部の重症例では肺内シャント,心内シャントの関与も想定される。一方,PaCO2は,ほとんどで低下しており,これは分時換気量の増加による。また,急性PTEにおいては,生理的死腔量(VD)も変化しており,近年死腔換気率(VD/VT)を診断に用いる試みもなされている。さらに急性PTEではおおむね50%以上の血管閉塞で総肺血管抵抗の増加を認め,平均肺動脈圧は最高40mmHgまで増加する。
 急性PTEの診断においては,近年Dダイマー定量と多列検出器型コンピュータ断層撮影装置(MDCT)の重要性が増している。治療は重症度に応じて行い,抗凝固療法のみでよい場合から,下大静脈フィルター挿入,血栓溶解療法,カテーテル治療,さらには経皮的心肺補助装置(PCPS)の装着が必要となる場合もある。

Key words
換気血流比不均等分布,混合静脈血酸素飽和度,死腔換気率,肺高血圧

はじめに

 肺塞栓症とは,肺動脈がさまざまなもので閉塞されることにより発症する重篤な疾患である。その多くが,深部静脈血栓(deep venous thrombosis;DVT)から遊離した血栓が原因の肺血栓塞栓症(pulmonary thromboembolism;PTE)であるが,そのほかにも腫瘍,脂肪滴,羊水などが閉塞の原因となる。PTEの原因となるDVTの多くは下肢または骨盤に存在するが,上肢や右心腔内で生じた血栓が原因となる場合もある。
 PTEは,急性呼吸不全はもちろん,慢性呼吸不全の原因にもなりうる。急性に発症したPTEの約4%が,慢性PTEへ移行したとの報告もある1)。一方,慢性PTEの半数以上で明らかな急性PTEの病歴がないともいわれている。
 本稿では,急性PTEを中心にその病態と診療について概説する。

Ⅰ 病態

 肺動脈閉塞により生じる肺の機能障害として,ガス交換障害と肺循環障害がある。以下に両者につき解説する。

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る