<< 一覧に戻る

尿酸代謝に関連する疾患

第6回 尿酸と脳神経疾患

野元正弘

高尿酸血症と痛風 Vol.28 No.1, 86-91, 2020

尿酸はタンパク質の最終代謝物質であり,血中尿酸の上昇は痛風を引き起こす。また,動脈硬化の促進因子としても挙げられ,現代では肥満などと同様に生活習慣病を悪化させる因子とされる。しかし,脳神経疾患は血中尿酸値の低いpopulationで頻度が高く,上昇により減少することが指摘されている。本稿では私たちがパーキンソン病において行った調査研究を含めて,尿酸値と脳神経疾患について概説したい。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る