<< 一覧に戻る

最新文献紹介

閉経後女性の骨塩量におけるビタミンB₁₂,葉酸,尿酸,血清炎症マーカーの影響

大槻希美津谷寛

高尿酸血症と痛風 Vol.27 No.1, 81, 2019

尿酸が男女の骨粗鬆症,アルツハイマー病,認知症において重要な因子であり,body mass index(BMI)や体重,体脂肪を含めた肥満の交絡因子を除外したうえで,尿酸と骨塩量が正の相関関係を示したと報告されている。その機序として尿酸やビタミンB,骨炎症のパラメーターと骨塩量との関連性が想定されるがその報告はなく,本研究で閉経後女性における尿酸,ビタミンB₁₂,葉酸,従来の炎症マーカーと大腿骨頸部,腰椎の骨塩量との間の関連を調査した。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る