<< 検索結果に戻る

第7回 脂質代謝異常に関する薬剤

高尿酸血症と痛風 Vol.25 No.1, 78-81, 2017

高尿酸血症のうちの80%程度がほかの生活習慣病を合併し,なかでも脂質異常症の合併率は50~60%程度と非常に高い1)。脂質異常症は動脈硬化のリスク因子であり,高尿酸血症もリスク因子である可能性が示唆されており,いずれも治療介入が必要である。脂質異常症の治療薬のなかには,血清尿酸値を低下させる作用を併せもつ薬剤も報告されており,高尿酸血症を合併する脂質異常症に対して使用が勧められている。本稿では脂質代謝異常に関する各薬剤の,尿酸代謝への影響について述べる。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録