<< 一覧に戻る

高尿酸血症と心血管障害

第4回 高尿酸血症と心腎連関

大野岩男

高尿酸血症と痛風 Vol.23 No.2, 89-95, 2015

「Ⅰ 心腎連関」心腎連関とは,通常,1つの臓器における急性または慢性の機能不全が,他の臓器の急性または慢性の機能不全を引き起こす,心臓と腎臓の病態生理的な障害として定義されており,次の5型に分類されている1)。1型心腎連関は急性の心機能低下(急性心原性ショックや急性心不全など)が急性腎障害(acute kidney injury;AKI)を起こす型であり,2型心腎連関は慢性の心機能低下(慢性心不全など)が慢性腎臓病(chronic kidney disease;CKD)を起こす型である。一方,3型心腎連関はAKI(急性腎虚血や急性糸球体腎炎など)が急性の心機能障害(心不全,不整脈,心虚血など)を起こす型であり,4型心腎連関はCKDが慢性の心機能障害(心機能低下,心肥大,心血管イベントリスクの上昇など)を起こす型である。また,5型心腎連関は全身性疾患(敗血症など)が同時に心機能障害と腎機能障害を起こす型である。本稿では主に高尿酸血症と4型心腎連関の関連について述べる。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る