<< 一覧に戻る

各種排尿・性機能スコアの妥当性

第13回 小児排泄問診票

兼松明弘今村正明上仁数義碓井智子吉村耕治

排尿障害プラクティス Vol.24 No.1, 66-72, 2016

「はじめに」夜尿症と昼間尿失禁に代表される小児の下部尿路症状(lower urinary tract symptoms;LUTS)の裾野は広い。夜尿症は6歳で10~15%に認められ,以後12歳までに漸減していくことはよく知られているが,昼間尿失禁の頻度はそれに劣らず高く,学童期の全期間において5~10%にみられる1)。また,排尿異常と排便異常は膀胱尿管逆流症 (vesicoureteral reflux;VUR)における尿路感染のリスク因子であることが,米国泌尿器科学会(American Urological Association;AUA)ガイドラインでは排尿排便機能異常 (bladder and bowel dysfunction;BBD)の名称で2),欧州泌尿器科学会(European Association of Urology;EAU)ガイドラインでは下部尿路機能障害(lower urinary tract dysfunction;LUTD)の名称で明記されている3)。しかし,これほど有病率が高く,臨床的重要性が高いにもかかわらず,小児のLUTSを記述する問診票は成人と比較して遅れている。本稿では,小児のLUTSの問診票をめぐる諸問題とともに,われわれが行ったトロント式Dysfunctional Voiding Symptom Score (以下DVSS)4)の公式認証翻訳について紹介する5)。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る