<< 一覧に戻る

特集 パーキンソン病の排泄障害

特集に寄せて

榊原隆次

排尿障害プラクティス Vol.21 No.1, 5, 2013

パーキンソン病(Parkinson's disease; PD)の排泄障害は, 1817年のJames Parkinsonによる原著にも記載があり, 非常に頻度が高い症候である. 近年の病理・薬理・生理・画像等の進歩によりPDが全身疾患(自律神経系について)であることか明らかにされ, 従来手さぐり状態であったPDの排泄障害の対処と治療を病態生理に基づいて行うことが, ある程度可能になってきた. さらに, 生活の質(quality of life; QOL)の観点から, PDの排泄障害が注目されている. また, 消化管障害についてはPDの初期症候('かくれパーキンソン病')として大きく注目されている. 排泄障害の中で, 排尿障害はPDの主に中枢病変を, 排便障害は末梢病変を反映するものと思われる. 本特集ではPDの排泄障害の診断と治療について, 各領域でアクティブに活躍中の先生方にご執筆をお願いした. 本特集を一読頂くことでPDの排泄障害の最新の様子が分かり, 明日からのPD患者さんの診療に役立つものと期待する.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る