<< 一覧に戻る

排尿障害の私の治療2―OAB・間質性膀胱炎―

薬剤抵抗性過活動膀胱に対する仙骨表面治療的電気刺激治療

中川晴夫

排尿障害プラクティス Vol.19 No.3, 14-18, 2011

 頻尿・尿失禁を主訴とする過活動膀胱に対して,薬物療法が第1選択として治療されている.しかし,薬剤抵抗性の症例や副作用のために薬物療法が困難な症例に対しては治療に苦慮することが多い.仙骨表面治療的電気刺激療法は過活動膀胱診療ガイドラインでも推奨されているneuromodulationの一種であり,薬物抵抗性の症例に対して有効性を示し,重篤な副作用を認めない.現在は保険診療外の治療であるが,今後治験も予定されており,期待される治療法のひとつである.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る