<< 一覧に戻る

夜間頻尿最前線

夜間頻尿の薬物療法

山西友典本田幹彦吉田謙一郎

排尿障害プラクティス Vol.18 No.1, 51-57, 2010

夜間頻尿の原因は, (夜間)多尿, 過活動膀胱や前立腺肥大症による膀胱蓄尿機能障害, 睡眠障害など種々の原因が重なりあった症候群と考えられる. その原因に基づいて, 夜間多尿に対してはデスモプレシンや利尿薬, 過活動膀胱には抗コリン薬, 前立腺肥大症にはα1遮断薬などが使用される. 「はじめに」夜間頻尿の原因は, これまでに考えられてきたような過活動膀胱や前立腺肥大症に特異的なものではなく, 夜間多尿, 睡眠障害など種々の原因が重なりあった症候群と考えられる. 2008年に発刊された夜間頻尿ガイドラインの診療アルゴリズムによると, 夜間頻尿は原因別に(全日)多尿, 夜間多尿, 睡眠障害, 膀胱蓄尿障害に分けられる1). 膀胱蓄尿障害では, 50歳以上の男性は男性下部尿路症状(すなわち臨床的前立腺肥大症), 50歳未満の男性および女性は過活動膀胱として, それぞれの診療ガイドラインに基づき初期治療を行うことが推奨されている.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る