<< 一覧に戻る

特集 循環器領域の抗血栓療法のさらなる進化

臨床 TAVI後の抗血栓療法―現状と今後の展望―

渡邊雄介

CARDIAC PRACTICE Vol.32 No.1, 44-49, 2021

大動脈弁狭窄症(aortic stenosis:AS)に対する経カテーテル大動脈弁植え込み術(transcatheter aortic valve implantation:TAVI)は,開胸低リスク患者への安全性および有効性が認められ,世界的に施行件数が増加している。一方で,TAVIの課題として血栓弁や耐久性の懸念があり,TAVI施行後の抗血栓療法の役割が重要となっている。本稿では,TAVI後の抗血栓療法の現状と今後の展望について解説する。
「KEY WORDS」TAVI,低リスク患者,血栓弁,抗血栓療法,DOAC

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る