<< 検索結果に戻る

「小澤高将」

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.1, 78-79, 2017

ミトコンドリア学の泰斗,小澤高将教授が退官されて二昔になる。小澤教授が言われていたように,病態代謝でのミトコンドリアの意義は増々重要視されるようになってきている。ここで小澤教授の研究を振り返ってみたい。小澤教授は1957年(昭和32年)名古屋大学医学部を卒業され,1年のインターンの後,生化学教室の大学院に進学された。八木國夫教授と酵素反応の研究をされ,反応中間体の結晶化に成功された(Biochimica Biophysica Acta;BBA誌に掲載され,その後BBA誌で引用数top 10に入る論文になった)。1963年からはミトコンドリア学の大御所,David E. Greenウィスコンシン大学教授のもとに留学され,これがその後の研究生活を決定づけることとなった。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録