<< 一覧に戻る

EBM Hot Flash

TECOS試験

室原豊明

CARDIAC PRACTICE Vol.26 No.4, 65-67, 2015

「はじめに」近年,新規経口抗糖尿病薬の開発と上市はめまぐるしい。なかでもDPP4阻害薬は,食事により刺激されて小腸壁から分泌されてくるインクレチンの分解を阻止し,その結果膵臓のインスリン分泌を促し血糖の改善効果を来たす。このため重症低血糖を来たし難く他の薬剤との併用も比較的容易であり,ヘモグロビンA1c値は0.5から1.0程度下がることから,国内では爆発的に使用されるようになった。しかしながら,これらDPP4阻害薬の投与で糖尿病の最も重要な合併症である心筋梗塞や脳卒中,閉塞性動脈硬化症などの心血管イベントが抑制されるか否かは十分には明らかにされていない。これまで一部のメタ解析では,DPP4阻害薬の投与で心血管イベントの抑制がみられたとの報告があるが,ランダマイズされた前向き試験では検討されていなかった。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る