<< 一覧に戻る

用語解説

ホエイプロテイン/ホエイペプチド

whey protein/whey peptide

吉村真一朗祖父江和哉

栄養-評価と治療 Vol.30 No.2, 39-41, 2013

「POINT」ホエイペプチドのもつたんぱく質合成促進作用, 抗酸化作用や抗炎症作用などが注目されている. スポーツ分野ではアスリート向けの機能性食品として商品化されており, 医学分野でも免疫栄養素の1つとして研究が進んでいるが, 動物での研究報告が多い. 今後, ホエイペプチドを含んだ経腸栄養剤を使用し, ヒトでの臨床研究が進むことが期待される. 「I はじめに」医学分野における栄養療法の重要性は論ずるまでもないが, ここ十数年で集中治療領域や周術期の栄養療法が大きく再考されてきた. 免疫栄養法(immunonutrition)の発展もその1つである. グルタミンやアルギニン, ω-3系不飽和脂肪酸, 核酸などが代表的な免疫栄養素(immunonutrients)として知られており, それらを組み合わせた経腸栄養剤が製品化されている. 近年, ミルク中のホエイペプチドの有用性がスポーツ分野や医学分野でも注目され, 免疫栄養素の1つとして研究が進んでいる.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る