<< 一覧に戻る

周術期の代謝栄養管理─ERASプロトコールを巡って─

ERASプロトコールの概要

An outline of ERAS protocol

福島亮治

栄養-評価と治療 Vol.29 No.2, 20-22, 2012

SUMMARY
患者が手術後に退院するためには,十分に動くことができ,かつ食事摂取できることが必須である。ERASはこれを早期に達成することを目指し,欧州で提唱された術後管理方法である。十分な疼痛管理と早期離床,術前術後を通してできるかぎり絶食にしないことを最も基本的なコンセプトとし,エビデンスに基づいたさまざまな方策を推奨している。

KEY WORDS
■fast-track surgery ■術前炭水化物負荷 ■術後疼痛管理 ■早期離床 ■早期経口摂取

Ⅰ はじめに

 ERASプロトコールとはEnhanced Recovery After Surgeryの頭文字をとった略語であり,欧州を中心に提唱されている周術期管理法である。エビデンスに基づいた多方面からのさまざまな方策を実施することで,手術ストレスを軽減し,術後の回復を早めることを目的としており,fast-track surgeryともいわれる(図1)。

本稿では現在,ERASプロトコールといわれているものの全体像について概説する。

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る