<< 一覧に戻る

栄養アセスメント ─基礎から臨床へ─

6.エネルギー代謝 (1)間接熱量測定

岡本陽香佐々木雅也

栄養-評価と治療 Vol.28 No.2, 55-60, 2011

SUMMARY
栄養管理において,個々の症例のエネルギー代謝およびエネルギー基質の変化を理解することは重要である。間接熱量測定は,患者個々のエネルギー消費量と呼吸商(RQ)を正確かつリアルタイムに実測することが可能であり,エネルギー必要量の算出方法として非常に有用である。今後,さまざまな病態の栄養管理に対応するために,間接熱量測定の臨床応用が望まれる。

KEY WORDS
■ 間接熱量測定 ■ エネルギー消費量 ■ 呼吸商(RQ)

Ⅰ はじめに

 栄養管理を行ううえで,個々の症例に適したエネルギー必要量を把握することはきわめて重要である。間接熱量測定は,呼気ガス分析装置を用い,酸素消費量(VO₂) と二酸化炭素産生量(VCO₂)を測定し,エネルギー消費量を算出する方法である。エネルギー必要量の算出にはHarris-Benedictの式1)から求めた基礎エネルギー消費量(basal energy expenditure;BEE)(表1①)に活動係数とストレス係数を乗じて求める方法が広く用いられている。

これに対して,間接熱量測定では,エネルギー消費量をより正確かつリアルタイムに評価できるため,エネルギー必要量の算出方法として非常に有用である。

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る