<< 一覧に戻る

日本肥満学会

第31回日本肥満学会

岡田秀一

栄養-評価と治療 Vol.28 No.1, 66-67, 2011

 第31回日本肥満学会は,群馬大学大学院医学系研究科病態制御内科 森 昌朋教授を会長に迎えて10月1日から2日にかけて群馬県前橋市の前橋テルサを中心に3会場にて開催され,延べ1,042名が参加されました。

今学会のテーマは,「新規分子の展開と専門施設の充実:肥満症の克服」でした。(図1)

 理事長講演,会長講演に加えて特別講演2題(Roger D. Cone先生(Vanderbilt University Medical Center/U. S. A),Johan Auwerx先生(Ecole Polytechnique Fédérale de Lausanne/Switzerland)),日本肥満学会賞受賞講演,日本肥満学会学術奨励賞受賞講演2題,シンポジウム12題,教育講演16題,共催教育セミナー13題,一般演題139題,ポスター190題(図2)の構成で行われました。

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る