<< 一覧に戻る

第33回日本栄養アセスメント研究会発表演題より

肝硬変の成因別蛋白エネルギー代謝に関する検討

佐原圭遠藤龍人加藤章信鈴木一幸白木亮森脇久隆齋藤正紀西口修平

栄養-評価と治療 Vol.28 No.1, 25-27, 2011

SUMMARY
肝硬変では栄養代謝障害が高率に存在することが報告されている。今回,多施設での肝硬変の成因別のエネルギー代謝異常について検討した。対象症例としては,腹水がなくかつ肝細胞癌既往のない144例を対象とした。成因別の呼吸商(npRQ)は各成因とも重症度に従い低下した。さらに,重症度を層とした成因別npRQはアルコール性がウイルス性に比して低下傾向を示した。

KEY WORDS
■エネルギー代謝異常 ■呼吸商(npRQ) ■糖質燃焼比率 ■脂質燃焼比率 ■就寝前軽食摂取療法(LES)

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る