<< 一覧に戻る

第32回日本栄養アセスメント研究会発表演題より

高齢入院患者の栄養改善におけるムースゼリーパウダー(粉末栄養食品)の有用性について

川口美喜子角亜沙子藤井晴美端本洋子成相由紀子原明宏足立経一

栄養-評価と治療 Vol.26 No.6, 27-31, 2009

『SUMMARY』 食欲不振の高齢入院患者であっても主食を好んで食べることに注目し, 主食にエネルギー, たんぱく質と微量栄養素の補充が期待できるムースゼリーパウダー用粉末栄養食品(かつお風味)を添加し栄養状態の改善を試みた. 添加後, 継続摂取できた30名中24名はエネルギー量(43~195kcal), たんぱく質(3.2~14.4g)の増量が可能となり, 生化学検査値は改善傾向となった. 食事摂取不良の高齢入院患者にムースパウダーの使用が有用であった. 『I 目的』 高齢入院患者では, 病態そのものあるいは, 入院後の環境の変化や検査・治療など身体的・精神的要因と環境要因によって食への意欲低下をきたす. さらに, 高齢患者では, 疾患と複数の慢性疾患を有していることにより健常時よりもエネルギー量とたんぱく質必要量は増加するため1), 低栄養状態に陥る危険性が高い2). 栄養士は, 食事摂取量が不足する高齢患者に対して個別対応の食事や補助的に濃厚流動栄養剤を提供するなどによって栄養摂取量の増加に努めている.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る