<< 一覧に戻る

第32回日本栄養アセスメント研究会発表演題より

食事摂取量の評価における問題点

佐藤史枝三上恵理高橋紀子泉谷勢津子葛西亜紀澤田あゆみ武田鈴子舘山郁子寺山麻友増村睦子山本幸子蛯沢真樹子須藤信子平野聖二中村光男

栄養-評価と治療 Vol.26 No.6, 23-26, 2009

『SUMMARY』 デジタルカメラのような視覚媒体を用いて, 摂取栄養量を算出する評価法で食事調査の精度を検証した. 脂質コントロール食で比較検討したところ, 主に蛋白源の量の把握の違いが, 脂質とコレステロールに誤差を与えていた. また, 卵焼きという一品料理での検討から, 写真だけでの情報では的確な評価ができず, 量を把握しやすいメジャーなどを加えることが評価の精度を高める可能性があると考えられた. 『I はじめに』 食物の消化吸収を考える過程において, 栄養素の出納, すなわち食事摂取量と糞便中への排泄を正確に求めることが重要である1). 食事摂取量に関して, 近年の栄養指導などにおける食事調査では, 従来の食物記録法ではなくデジタルカメラ2)やカメラ付き携帯電話3)のような視覚媒体を用いて食事摂取状況を把握し, 摂取栄養量を算出する評価方法が実施されている. この方法は, 従来の食事調査と比較し対象者において簡便, かつ食事内容を記入する手間が省けるなどの負担軽減の利点があり2), すでに臨床の現場で使用されている4).

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る