<< 一覧に戻る

第32回日本栄養アセスメント研究会発表演題より

入院時栄養評価における血漿亜鉛(Zn)値測定の有用性

伊藤正行佐藤卓高野操棚橋洋子中村明小山諭岡田正彦

栄養-評価と治療 Vol.26 No.6, 20-22, 2009

『SUMMARY』 低栄養では亜鉛(Zn)の欠乏を伴う場合も少なくないが, 入院時の栄養スクリーニングとして血漿Zn値の測定が有用なのかを検討した. CONUT法による栄養評価と血漿Zn値により, 入院時栄養状態良好なZn低値群およびZn正常群を抽出し, 入院後の栄養評価を行った結果, Zn低値群で栄養状態が悪化する割合が有意に高かった. 入院時に血漿Zn値を測定することが栄養状態の変動予測につながる可能性が示唆された. 『I はじめに』 亜鉛(Zn)は, 人体を構成するすべての細胞および体液中に存在し, 約300種以上の酵素の活性化に中心的な役割を果たしている必須微量元素である. Znの欠乏によりさまざまな障害が引き起こされることが知られており, 味覚障害, 食欲不振, 免疫力低下など栄養に関わる影響も少なくない1)-4). 今回われわれは, 入院時栄養評価とともに血漿Zn値を測定し, 栄養スクリーニングにおける血漿Zn値測定の有用性について検討したので報告する.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る