<< 一覧に戻る

用語解説

lean body mass

鷲澤尚宏

栄養-評価と治療 Vol.26 No.4, 61-62, 2009

「POINT」栄養評価において体重測定は重要であり, 測定値の変化が問題となるが, これはlean body mass(LBM)の変化が栄養状態をよく表すからである. その値には多くの修飾因子があるため, 体重をそのまま評価するのではなく, 浮腫による圧痕など補助的な理学的所見と併せて評価することは, 日常的に行われている. LBMの間接的測定法である2重エネルギーX線吸収測定法(DXA)や生体インピーダンス測定法(BIA)もそれぞれに修飾する因子が存在するため, 測定条件が異なっているか否かを同時に記録し, 値の評価にも活かさなければならない. 「lean」は脂身のない赤身の肉を意味する. したがって, イメージとしては脂肪組織を除いた筋組織の量を示すことになる. 栄養評価において, この言葉が何を意味するかが本稿のテーマである. われわれは日常的に体重変動をもって栄養評価を行うことが多い.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る