<< 一覧に戻る

米国静脈経腸栄養学会(ASPEN)

ASPEN学会記

深柄和彦

栄養-評価と治療 Vol.26 No.2, 65-66, 2009

2009年の米国静脈経腸栄養学会(American Society for Parenteral and Enteral Nutrition;ASPEN)は, 2月1~4日までの期間, ニューオーリンズのコンベンションセンターで開催されました. われわれの研究グループは毎年この学会で数題の発表をしているので, 当初, 日本静脈経腸栄養学会(Japanese Society for Parenteral and Enteral Nutrition;JSPEN)と会期が一部重なると聞いたときには心配しました. しかし, 第24回JSPEN会長の高松英夫先生のご配慮で日程もOKとなり, 鹿児島から羽田, 成田と一時帰宅をする間もない強行軍になりましたが, 無事ニューオーリンズに辿り着きました. ニューオーリンズは留学中に1回家族で, ハリケーンカトリーナ襲来後に米国外傷外科学会での発表で訪れ, 今回で3回目となります. 留学中はクリスマスの時期に来たのに暖かく, ホテルの屋外プールで泳いだのを覚えています. 今回もかなり暖かいとの情報でしたが, 実際は寒波が来ていて寒いのなんの.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る