<< 一覧に戻る

特集 原発性高脂血症研究の過去・現在・未来

特集にあたって

斯波真理子

The Lipid Vol.30 No.1, 14-15, 2019

原発性高脂血症とは,血漿リポ蛋白の異常を示す病態のなかで,食事性や糖尿病などといった,原因が明らかではないものの総称である.原発性高脂血症は,顕著な高LDL-C血症を示す家族性高コレステロール血症(FH),高トリグリセライド血症を示す原発性高カイロミクロン血症,低HDL-C血症を示すレシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ(LCAT)欠損症やタンジール病,植物ステロールが増加するシトステロール血症,血清コレスタノールが上昇する脳腱黄色腫症,低LDL-Cを示す無βリポ蛋白血症などがある.原発性高脂血症の多くは,これまでの研究により原因遺伝子まで同定され,病態生理が明らかになってきた.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る