<< 一覧に戻る

症例検討 脂質代謝異常症への多角的アプローチ

第126回 抗GAD抗体,抗IA-2抗体,抗ZnT8抗体のすべてが陽性であった94歳発症の1型糖尿病の一例

髙橋典男早瀬絢香大屋(上原)有夏上田晴美福岡一貴吉田昌則

The Lipid Vol.29 No.4, 96-100, 2018

「臨床医学はサイエンスとアートからなる」.今日の医学教育の礎を築いたWilliam Osler(1849~1919)の言葉である.サイエンスは非常に重要であるが,患者・家族に寄り添うアートなくして,心のこもった医療は行えない.今回われわれは94歳と超高齢で急性発症した自己免疫性1型糖尿病の症例と出会い,その後も長期間経過をみることができた.超高齢発症の1型糖尿病について考察するのはサイエンスであり,発症後も長い時間を患者・家族とともに歩むのはアートである.両輪のように大切な超高齢発症の1型糖尿病のサイエンスとアートについて述べる.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る