<< 一覧に戻る

特集 脂質代謝と心臓血管病:up-to-date

特集にあたって

島袋充生

The Lipid Vol.29 No.4, 15, 2018

過食,運動不足による肥満や2型糖尿病の増加は,生活習慣病や心臓血管病の発症様式を大きく変えている.脂質異常症は,従来の動脈硬化性疾患である冠動脈疾患,脳梗塞,頸動脈硬化症,腎硬化症,大動脈瘤,末梢動脈硬化症などに加えて,腎臓病,肝臓病,心不全といった臓器障害,臓器不全にもかかわることが注目されている.本特集は,脂質代謝と心臓血管病:up-to-dateとして,わが国を代表する専門家の先生方にお願いして,脂質代謝と心臓血管病にかかわる最新の知見をまとめていただいた.脂質異常症の診断とアプローチには,診断基準のみではわからない基盤病態の理解が求められる.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る