<< 一覧に戻る

特集 肝疾患と脂質代謝

特集にあたって

荒井秀典

The Lipid Vol.28 No.2, 14-15, 2017

肝臓は全身の代謝を司る重要な臓器である.今回は脂質代謝にフォーカスして,脂質代謝における肝臓の役割についての特集を組んでみた.脂質といってもリン脂質などもあるが, 今回はリポ蛋白代謝とそれにかかわるコレステロール,トリグリセライド,脂肪酸にフォーカスし,病態としては脂質異常症,インスリン抵抗性,脂肪肝を中心に取り上げた.この分野での大きなブレイクスルーはいうまでもなく1973年にGoldstein,BrownによりLDL受容体が発見されたことであろう.またその3年後には遠藤章によりコンパクチンという世界初のスタチンが発見された.奇しくも脂質代謝に関連して起こる動脈硬化の治療に関する二大発見が同時期に行われたわけである.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る