<< 一覧に戻る

特集 動脈硬化と血管石灰化

Ⅱ.基礎 血管平滑筋細胞のアポトーシスと血管石灰化

孫輔卿

The Lipid Vol.26 No.3, 39-44, 2015

「Summary」血管石灰化は加齢に伴い進行する血管老化の病態であり,その発症には血管平滑筋細胞のアポトーシスが深くかかわっている.筆者らはその分子機序としてgrowth arrest-specific gene 6(Gas6)を介するsurvivalシグナル経路の抑制を明らかにした.さらに血管石灰化の早期制御因子としてthombomodulinを新たに同定し,epidermal growth factor受容体を介したGas6発現の抑制,アポトーシスおよび石灰化の誘導作用を見出した.本稿では,血管石灰化において平滑筋細胞のアポトーシスが誘導される分子機序とともにその制御について概説する.
「Key Words」血管平滑筋細胞,アポトーシス,growth arrest-specific gene 6,thrombomodulin

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る